迎春

深山には松の雪だにきえなくに宮こは野べのわかなつみけり
――『古今和歌集』巻一・春歌上・18・読人しらず

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって幸多き一年となること、心よりお祈り申し上げます。

さて、平成31年、主な五つの目標を年頭に掲げたいと思います。

1、「沖宮茶会」
石牟礼道子原作・志村ふくみ衣裳監修の新作能《沖宮》。
昨年、シテの金剛龍謹師を中心に、熊本・京都・東京の三公演が行われました。
その続編として1月、京都の有斐斎弘道館で「沖宮茶会」の亭主を勤めます。

2、新作能の執筆
近日公開の予定ですが、今秋10月に、ある新作能が上演されます。
ご縁があって、その詞章を書かせていただくことになりました。

3、《道成寺》再演
大曲《道成寺》。3年前、平成28年に披かせていただきました。
今年6月、お社中会ですが謹んで再び勤めさせていただきます。

4、体調管理と適度の休養
ありがたいことに、今年は地方巡業や海外公演も控えています。
体調管理に気をつけ、こまめに休養をはさむこと、心掛けたいと思います。

5、新たな普及講座
これもご縁あって、近々にお知らせしますが、ある普及講座をシリーズで担当させていただきます。
能の魅力を伝え、また自身の勉強にしていく活動として大事にしていきたいです。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

前の記事

公式ウェブサイト